ポートフォリオ(作品集)について

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは作品集のことです。 就職活動の際に自分の人となりやスキルを企業にアピールするために使用します。 プロのデザイナーでも新しいクライアントを開拓するために使用します。 自分がどういう人間で、どういった技術をもっているかが分かるような ポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオについての参考ページ

その他にも「ポートフォリオサイト デザイン 学生」などのキーワードで検索すると、参考になるサイトが沢山出てくるので研究してみましょう。 参考:優れたデザインの学生ポートフォリオサイト集-その2 | takashi178.me

 制作手順

まずはどのようなポートフォリオサイトにするか計画を立てましょう。

サイト名、デザインコンセプトを決める

サイト名

サイト名を考えて、ロゴマークを作成してください。ロゴマークは、既存のフォントを加工したり、手描きのラフをトレースして書き起こしたり自由にデザインしてください。 「Welcome to my homepage」「ようこそ○○○○のホームページヘ」といった名前は古い印象を与えてしまうのでやめましょう!「あえて直球で!」という考え方もありますが、センスを疑われる場合もあるので難易度が高いです。 自分の名前からアレンジしてみたり、好きな言葉や色などから連想してみたり、色々と考えてみましょう。

デザインコンセプト
  • デザインのテーマ(クール、ナチュラル、アナログ、和風など)
  • メインで使用する色やフォント
  • 写真素材やイラスト素材

 

掲載する内容を決める

自己紹介
  • 名前(写真や似顔絵などもあわせて乗せるとイメージが伝わりやすい)
  • プロフィール詳細 学校名・出身地・趣味・TwitterやFacebookのURLなど、公開しても大丈夫なものだけにしてください。好きなものマップを作りなおして掲載するのもよいかもしれません。
  • スキル ソフト名や技術名を書きましょう。5つ星評価などで各スキルの習熟度をあわらす方法もあります。
  • デザイン関連の資格・実務経験・受賞歴など
作品
  • 作品名
  • 作品に関する情報 制作時期・製作時間・担当箇所・使用ソフト・作品の説明など。 実際に公開されているサイトであればリンクも貼っておく。

作品が多くなった場合はジャンル分けをして見やすくするなどの工夫をしましょう。

問い合わせフォーム

サイトを見た企業の方から連絡をもらえるようにフォームを設置しておきましょう。 最低でも以下の3つの項目は入力してもらう必要があります。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 内容

メールアドレスをそのまま載せることもできますが、 スパムメールが来る可能性もあるので 使用するアドレスをポートフォリオ用に別途用意するなどしましょう。 (メールのチェックは忘れずに!)

その他

たとえば制作活動の記録ブログや、日々勉強したことなどをまとめるブログなども、自分がどんな活動をしているのかを知ってもらうのに役立ちます。 記録をつけることで記憶にも定着しやすくなるので、就活とは関係なしにおススメです。

ページ構成を決める

自己紹介、作品、問い合わせフォームといった情報を どのように見せるかを決めましょう。 例えばトップページに「自己紹介」又は「作品一覧」を載せてしまう見せ方や、すべての内容を1ページにまとめて縦に長いサイトにするという見せ方もあります。

ワイヤーフレームを作る

PhotoshopやIllustratorでワイヤーフレームを作成しましょう。 前項で決めた内容とページ構成をもとに、 どのようにレイアウトするかを図にまとめてください。 この時点では文字や画像の配置場所や大きさなどがわかれば大丈夫です。 細かいデザインはこのあと行います。 ワイヤーフレーム

デザインデータの作成

最後にPhotoshopでデザインデータを作成します。 WEBデザインのポートフォリオは当然WEB上に公開しておくのがベストなので デザインが終わったらコーディングをしてWEBサーバー上にアップしましょう。 WEBサーバーについては「WEBデザインについて知ろう」内の「WEBサイトを作るには」以降を見てください。

紙(印刷物)でポートフォリオを作る場合

WEBデザイナーの場合は基本的にWEB上にポートフォリオを作成することが多いですが 印刷したものを求められることもあります。 その場合はプリンタで印刷したものをファイルなどにまとめたポートフォリオを作成します。後半はアナログでの作業になるので、紙質を工夫するなどWEBではできない表現もできます。

※ 印刷の場合は解像度等の問題もあるので、必要になった場合は先生に相談してください。

最後に

制作を進めていく途中で、内容が変更になっても構いません。 まずは最初にイメージできる範囲でいいので、計画をまとめましょう。 また、ポートフォリオ自体が完成しても そこに掲載する作品も作らなければ意味が無いので 並行して作品づくりも考えておきましょう。 就活が終わったとしても、将来、転職や独立をする際に ポートフォリオが必要な場面があるかもしれません。 一度完成しただけで満足せずに、つねにバージョンアップしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です