画像の使い方

「画像」とはイラスト、写真、図表などのビジュアル素材のことです。
文字だけのデザインの場合、それなりに工夫をしていなければ読者はそのデザインになかなか興味を持ってくれませんが、そこにイラストや写真が1つ入るだけで雰囲気がガラッと変わり、読者が興味を持つきっかけを与えてくれます。

「イメージ」を使用する利点

  • イメージ1つだけでも多くの情報を伝えることができる。
  • デザインにインパクトを加えることができる

「イメージ」の使い方

写真

  • 入手方法:デジカメを使う、カメラマンに依頼する、素材集・レンタルフォトを使う
  • 選択基準:画質、コンセプト、価格
  • 使い方:トリミング、切り抜き、Photoshopによる特殊効果、写真内のスペースを利用する

イラスト・図版

  • 入手方法:自分で描く、イラストレーターに依頼する、素材集・レンタルフォトを使う
  • 種類:リアル、コミカル、デザイン風

その他

  • アイコンやピクトを使用する
  • デザインフォントを使用してロゴ風にする
  • 図形やイラストと組み合わせる
  • 特殊効果を使用する
  • 記号フォントを使用する

素材を使う際のポイント

  • クオリティに問題がある場合はそのまま使うのではなく、少し手を加えてみる
  • 一部を変形する、色を変える、文字や図形を追加する、複数の素材を組み合わせる

■無料素材サイト

■有料素材サイト

その他、素材サイトは沢山あります。
「フリー素材」「写真素材」「イラスト素材」「無料素材」などのキーワードで検索してみましょう。

やってはいけないこと

googleの画像検索で見つけた画像をそのまま使う

公開しない練習用のサイトであれば問題ないのですが、公開するサイトの場合はフリー素材や自分で購入した素材などを使用しましょう。検索エンジンの画像検索で表示される画像は著作権・肖像権が存在するものが沢山あります。

雑誌やCDジャケットなどの印刷物からスキャンした画像を使う

著作権が存在するので勝手に使ってはいけません。ただしクライアントの制作した印刷物からスキャンしてWEBに使用するケースは例外です。

商用不可の素材を商用で使う。規約に違反した使い方をする。

フリー素材にも利用規約が存在します。しっかりと確認してから使用しましょう。

 


参考書籍

さらに詳しく知りたい人はこちらの本を是非読んでみてください。


レイアウトのルール

  1. 近接
  2. 強調
  3. コントラスト
  4. 整列
  5. 反復

その他のデザイン要素

  1. 画像の使い方
  2. 文字のデザイン(タイポグラフィ)
  3. 色の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です