レイアウトのルール06 バランス

イメージイラスト_バランス
バランスとは、デザイン要素の釣り合い、均衡、調和のことです。
バランスが良い=全ての要素の見かけ上の重さが、かたより無く分散されているという事になります。
初心者は全ての要素を一箇所に固めてしまったり、逆にページの隅々に分散させてしまいがちです(整列と似ていますね)。

「バランス」の利点

  • そのデザインが持っている情報を分かりやすくできる。
  • 表現したいイメージ(真面目なものか、ダイナミックなものか、など)が伝えわりやすくなる。
  • 読者の視線の流れをコントロールできる。

「バランス」の使い方

対 称(シンメトリー)→格式、上品さを感じさせ、静止しているように見える。
非対称(アシンメトリー)→意外性や動きを感じさせるが、難易度が高い。

  • デザインの性質によって、対称か非対称かを選択する。
  • 不自然な空きスペースにビジュアル要素を加える。
  • 色や大きさなどに変化をつけることで偏りを無くす。
  • 対称・非対称を使い分ける。

 


参考書籍

さらに詳しく知りたい人はこちらの本を是非読んでみてください。


レイアウトのルール

  1. 近接
  2. 強調
  3. コントラスト
  4. 整列
  5. 反復
  6. バランス
  7. 流れ

その他のデザイン要素

  1. 画像の使い方
  2. 文字のデザイン(タイポグラフィ)
  3. 色の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です