レイアウトのルール03 コントラスト

イメージイラスト_コントラスト
複数の要素を比べた時に現れる、色、大きさなどの差・違い(対比)のことを「コントラスト」といいます。
「強調」と似ていますが、以下のような違いがあります。

コントラスト→見た目の変化をつけて読者の興味を引くための手法
強調→デザイン要素の意味をふまえた上で使用する手法

「コントラスト」の利点

  • 見た目のおもしろさが増す。
  • 読者の興味を引きつけ、そのページを読もうと思わせる。

「コントラスト」の使い方

  • 大きな要素と小さな要素を配置する。
  • 大文字のみの表記と小文字のみの表記を並べる。
  • 太い線と細い線、太い文字と細い文字を配置する。
  • 暖色と寒色、濃度や明るさの違う色を組み合わせる。
  • 水平方向のビジュアル要素の中に垂直方向のビジュアル要素をいれる。

 


参考書籍

さらに詳しく知りたい人はこちらの本を是非読んでみてください。


レイアウトのルール

  1. 近接
  2. 強調
  3. コントラスト
  4. 整列
  5. 反復
  6. バランス
  7. 流れ

その他のデザイン要素

  1. 画像の使い方
  2. 文字のデザイン(タイポグラフィ)
  3. 色の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です