レイアウトのルール02 強調

イメージイラスト_強調
デザイン上で重要な要素を様々な方法を使って目立たせることを「強調」といいます。
伝えたいメッセージをより効率的に伝えることができます。

「強調」の利点

  • 重要な箇所がすぐわかるので、読解作業が簡単になる。
  • 見た目のおもしろさが増す。

「強調」の使い方

  • 各要素の意味を理解・分析する。
    • 主要なメッセージはなにか?
    • そのメッセージを伝えるのに効果的な要素はどれか?
    • どの要素が面白いか、又は読者の興味を引くか。
    • デザイン上から削除しても構わない要素はあるか。
      ※強調される要素が多すぎると、お互いに衝突してしまい混乱する。
  • 強調したい箇所の大きさ・角度・位置・色・書体などに変化をつける。
  • 特殊な効果を使用する(Photoshopのドロップシャドウやテクスチャなど)
  • 罫線や図形を使い、他の要素と差別化する。
  • 余白に変化をつける(近接と似ている)。

 


参考書籍

さらに詳しく知りたい人はこちらの本を是非読んでみてください。


レイアウトのルール

  1. 近接
  2. 強調
  3. コントラスト
  4. 整列
  5. 反復
  6. バランス
  7. 流れ

その他のデザイン要素

  1. 画像の使い方
  2. 文字のデザイン(タイポグラフィ)
  3. 色の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です